シェービング

なぜシェービングが必要な理由って?

ブライダルエステサロンではほとんどのコースにシェービングサービスが含まれていますが、
どうしてシェービングはブライダルエステにとって欠かせないのでしょうか。

顔そりと思わせるシェービングですが「うぶ毛剃り」のことを指し、
顔を初め背中、腕、胸元など広範囲で綺麗にうぶ毛を剃ることをしています。
行う理由はドレス姿を更に美しく見せるためで、日本人の体毛は黒色のため
たとえ1本1本の細いうぶ毛でも肌を覆ってしまうと色がくすんでしまうこと。

ウェディングドレスは胸元、背中が広く開いているデザインが多く
白の生地と肌の色で印象がくすむことで印象が冴えなくなります。

ただ和装の場合は顔と、背中、襟足をシェービングを中心に行うことで
清楚な襟足が綺麗に剃り上げることで白無垢姿がひきだちます。

式場などスポットライト、カメラのフラッシュを浴びるため
クローズアップ撮影されても良いつや肌で晴れの日を迎えたいものです。

カミソリで手で行うのとシェーバでシェービングが行われますが、
ハンドだけの場合は肌コンディンションに合わせてハンドとシェーバーに応じて
使い分けることもします。

シェービングにより敏感肌の人は過敏に反応するのではと気にするかもしれませんが、
肌の状態を不安を感じる場合はシェービングの体験コースがあるサロンを選び
安全性と効果を納得した上で申し込めば安心です。

シェービングの失敗には注意!

ブライダルエステの施術ではシェービングは欠かせません。

コースとしてはホワイトニング、ピーリング、毛穴ケアなどを調えてから
最後にシェービングの順番で行います。

最適な時期は挙式の1週間前から遅くても3日まではと言われて
早すぎるシェービングの受付は逆に進められません。
というのもスベスベの肌にしたのに、挙式当日に
うぶ毛を出てはせっかくのシェービングも効果が無いからです。

シェービングも技術が劣るサロンで受けると肌トラブルの元になるので、
避けたほうが良いでしょう。

シェービングは雑に行うとかみそりの刃が傷ついたり、毛穴からの細菌侵入するおそれも
あるからなのです。

感染症にかかりにくい体質であれば大丈夫ですが、
敏感肌の場合は赤みを帯びたり、かゆみ、ブツブツなどができるトラブルの可能性が
あるため注意が必要です。

ウェディングドレスは真っ白で艶々の肌で着たいのに
トラブルを起こした肌では人前に出たくはありませんが、
失敗によって当日の披露宴をドタキャンした花嫁もいまるので、
肌のほかにも披露宴にまぬかれた周囲の人のトラブルもありえるのです。

シェービングには定評のあるサロンで理容師の資格があるスタッフでお願いしましょう。
前日でもシェービングOKという施術を安易に受けるサロンも避けたほうが良いでしょう。

シェービングの行う日程など有資格者のスタッフと話し合って施術を決めて
シェービングの翌日はトラブル肌ではなく艶々の肌で挑みましょう。

挙式前にどこをシェービングすればいい?

シェービングはブライダルエステにとって花嫁姿の印象を左右するぐらい
大事な施術です。それだけ影響を与えるほどシェービングは大切です。

シェービングというと床屋で顔そりのイメージがあるかと思いますが、
ブライダルエステの場合は顔のほかにも行う場所があるのです。

人にやってもらうのが怖くて自分でカミソリによる自己処理してしまう人もいます。

しかしブライダルエステのシェービングは顔のほかにも肩、胸元、背中、襟足と行った
自分で手が届かない場所で広範囲なのです。

シェービングも必要な箇所だけ熟練した技術を持つスタッフにお願いすれば
肌への負担も最小限で済みますが一番面積の広いのが背中です。

メイクについてはメイクアップが担当しますが、ファンデーションも軽く塗るため
シェービングすることで化粧の乗りも良くすることができるので、
背中の上半分だけでも行ってください。

背中からの襟足も自然になるように処理を行います。

ブライダルエステのシェービングではデコルテと肩は必ず含まれていますが、
あまり広範囲でカミソリを当てて欲しくなければ、
ドレスのデザインを再検討するか説明するなど範囲を決めて進める
サロンを選んだほうが良いです。

顧客サービスに力があるサロンならドレスのデザインなど含めて
シェービングの計画も立ててくれますので、カウンセリング時に相談すれば安心です。

ブライダルエステなどのシェービングでは、VIO脱毛 IラインVIO脱毛 IラインOライン、Vラインといった
デリケートゾーンの処理はしない場合がほとんどです。
結婚式を期に全身のムダ毛処理をしたい場合は、エステ脱毛のほうがいいかもしれません。

シェービングは時期が大事

シェービングは施術を受ける時期が大切で挙式前の計画はとても重要になります。

ウェディングドレスからの肌をトーンを見せるテクニックとして
シェービングはとても大切。
ただ挙式前の週はサロンへシェービングを施術する時間を作ってください。
肌の状態によっては様々ですが2日から3日前に受けるのが良いとされていますが、
敏感肌の人は過敏に反応する心配を考慮のうえ1週間前に体験コースや
お試しなどで予め申し込めば安心でしょう。

肌の過敏など反応の有無、剃る場所、沿った後の肌の状態など
がわかれば気持ちに余裕を持ち本番のシェービングを受けれますし、
キャンペーンを活用すれば割引にもなりお得にシェービングを施術できます。

ただピーリング直後の肌では肌に負担かけた後にそこからカミソリで
更に強い反応を起こすことがありえるので、挙式が近くになったら
ピーリングなどの刺激の強い美容法は避けたほうが良いです。

シェービングが得意なところ、痩身が得意な店などサロンも様々です。
自分は何を重点的に行う科などブライダルエステのプランを考えた上、
やはりブライダルエステのハイライトである大事な施術のため、
技術の高い信頼できるサロンを選んでください。

敏感肌の人の注意点とは

ブライダルエステのシェービングはドレスのデザインにあわせた施術で
ムダ毛を剃るため露出どがあればあるほどカミソリで当てる場所も多くなります。
まり多かれ少なかれかみそりを肌に当てること自体負担を与えるのです。

特に敏感肌の人のシェービングを行う際の注意はどのようなものがあるのでしょうか。

1.ヘアカラー、ピーリングは避ける
刺激の強いヘアカラー、ピーリングはシェービングの肌を更に
過敏に反応する恐れがあります。

2.生理中は避ける
生理も肌が敏感になりますので、シェービングの予定と生理が重なったら
変更するなど日程や予測も考えておく必要もあります。

3.妊娠中は?
マタニティ時期のシェービングがサロンスタッフに妊娠とのことを告げて
施術の可否を確認してください。
一番はシェービングスタッフのほかマタニティエステ専門のスタッフがいるサロンなら
的確に豊富な知識でアドバイスをします。

シェービング後は更衣室に着替えケアなどするなどメイクアップすると思いますが、
施術後はファンデーションをつけないでそのままにすることです。
それはカミソリを当てた直後の肌に油性のファンデーションを塗るのは
肌にとってまた過酷にさせ負担がかかるためです。
帰宅時の化粧は薄くパウダーをはたぐだけで充分です。

4.あとプールも施術の当日は休んでください。
消毒のための塩素が含んでいるため、肌が塩素に刺激して花瓶反応します。

5.エアロビなどの激しい運動
ジム、エアロビなど激しい運動を含めて汗をかくことも刺激する一つのため
シェービング後は運動よりも休養を優先してください。

シェービング後は休養するなど充分に肌を休ませることが大切です。